iPhone5のバッテリー問題

みなさんもお使いのiPhone。
僕も根っからのAppleファンでiPhoneは日本ではじめに発売された3Gから使っています。発売前に予約して買いました。

当時はスマートフォンなんか使っている人いなかったので、持っているだけでめずらしがられてモテモテでした。
とはいっても、CPUがショボイため、動きもモサモサでしたので使い物にはならなかったわけですが・・・。

そんなiPhoneですが、僕はよく不具合に遭遇します。
スリープボタンが使えなくなったり、ホームボタンが使えなくなったり。その度に新品に交換してくれるので、逆にありがたいくらいなんですが。

しかし、昨年スリープボタンが効かなくなって交換してもらったばかりの新しい今使っているiPhone5が、たった数ヶ月でバッテリーの持ちが悪くなりました。

はじめは冬だから冷えるとこんなものかなと思っていたのですが、バッテリーのレベルゲージが30%くらい残っているのにも関わらず電源が落ちてしまったりで。

そこでいつものように、大宮にあるAppleの正規プロバイダーに見てもらいに行ったのですが、その時調べていただくと特に問題なし・・・。仕方がないのでそのまま持ち帰り、以後はモバイルバッテリーを併用してしのいでいました。

そこで8月23日のニュース。

米Appleは8月22日(現地時間)、一部のiPhone 5で、バッテリー残量が急に減少するトラブルが起こり得るバッテリーの不具合があったことを公表した。無償バッテリー交換プログラムを用意し、米国と中国で同日より交換手続きを開始。日本を含むその他の国では8月29日に交換手続きを始める。

交換対象になるのは2012年9月から2013年1月の間に販売された一部のiPhone 5で、対象端末であるかは「iPhone 5バッテリー交換プログラム」のWebページで端末のシリアル番号を入力して確認できる。

iPhone5マイナビニュースより

該当のWebページで調べてみるとばっちり該当します。

不具合が多いのはたくさん使っている人がいるから多く感じるだけで、実際には不良率は高いわけではないみたいですが。
それにしてもこれで何回目かなぁ・・・。
Macでもバッテリーを交換してもらったことあるし。

でも、他社のものでもっとヒドイ目にあったこともあるし、Appleへの愛情はこれからも変わりません!

iPhone5をお使いの方は一度お調べになるといいかもしれません。

記事カテゴリー コラム
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語