青森県八戸市「山の楽校」170万本ひまわり見頃

1377611078_photo

 八戸の青葉湖展望交流施設(通称「山の学校」、八戸市南郷区島守、TEL 0178-82-2222)のヒマワリ畑のヒマワリが現在、見頃を迎えている。

 ヒマワリ畑は約100メートル四方の広さで、170万本のヒマワリが植えられている。

 同施設にヒマワリが植えられたのは5年前。最初は3万本からスタートし、翌年には60万本と一気に増えた。今年は昨年より横幅を3メートル拡張し、約29万本を植えた。

 岩崎光宏「楽校長」は「ヒマワリのピークは8月24日ごろだった。1週間ほどは今の状態だが、徐々に黒ずんでいく」と早めの来園を呼び掛ける。「ヒマワリが終わるとソバの花が見頃になる」とも。

 市内からカップルで訪れていた男性は「友人から『今が見頃』と聞いて来てみた。一面に広がるヒマワリ畑で写真を撮るときれいで人物も映える」と笑顔で話していた。

 ヒマワリ畑の開放時間は8時~17時。入園無料。「ヒマワリ刈り取り体験」は5本で100円。

出典:八戸経済新聞

先週末には6000人が訪れたとのこと。
区画ごとに開花の時期をずらして長く楽しめるように工夫をしているそうです。

山の学校の食堂ではお蕎麦なども食べられるということなので、今週末夏の最後の行楽にいかがでしょうか。

刈り取り体験ができるというのもおもしろい試み。5本で100円だと花屋さんで購入するよりもかなりお安いので、抱えきれない程のひまわりの花束を作ってプレゼントにするというのもいいかもしれません。(刈り取り体験は31日まで。)

指定管理者:山の楽校運営協議会
住所:〒031-0202 八戸市南郷区大字島守字北ノ畑6-2
電話・ファックス:0178-82-2222

記事カテゴリー コラム|花で季節を感じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語