神奈川県横須賀市でキバナコスモスが見頃

kibana

 横須賀市長井4丁目のテーマパーク「長井海の手公園ソレイユの丘」でキバナコスモス約2万5千本が見ごろを迎えている。約2500平方メートルのコスモス畑を黄色とオレンジ色に染めている。

  キバナコスモスは、花びらが幾重にも重なって咲く品種で、種まきから2カ月程度で開花する。

 同園では6月に種をまいており、現在八~九分咲き。高さ40~100センチほどで、9月上旬まで見られるという。すぐ隣のヒマワリ畑では大人の背丈ほどに育ったヒマワリ約5千本が満開となっており、来園者の目を楽しませている。

 妻の美香さん(31)と長女の璃乃ちゃん(4)と一緒に来た、さいたま市の大持賢治さん(31)は「車で2時間半ほどかけて初めて来たが、見ごろで良かった」とにっこり。璃乃ちゃんと美香さんも「きれい」と、笑みを浮かべていた。入園無料。

出店:神奈川新聞

キバナコスモスというだけあり、もちろんコスモスの仲間です。
黄色の花を咲かせるコスモスなので「黄花」コスモスという名で呼ばれています。

普通のコスモスはピンクや白で可憐な感じですが、こちらは目に眩しい色合いで情熱的なイメージですね。

真夏に見ると暑い感じもしますが、ここ数日すっかり秋めいてきた関東では、風にそよぐキバナコスモスも秋色を感じさせるかもしれません。

記事カテゴリー コラム|花で季節を感じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語