福島県福島市「ミヤギノハギ」咲く あづま総合運動公園

gŽ‡F‚Ì‚©‚ê‚ñ‚ȉԂðç‚©‚¹‚éƒ~ƒ„ƒMƒmƒnƒM‚V“úA•Ÿ“‡ŽsE‚ ‚Âܑ‡‰^“®Œö‰€

 8日は二十四節気の一つ「白露(はくろ)」。大気が冷え、草花に白い露が宿るころとされる。福島市のあづま総合運動公園では7日、秋を代表するミヤギノハギが咲き始め、訪れた人を和ませている。
 園内に1000株ほどあるミヤギノハギはマメ科の落葉低木で紅紫色のかれんな花を咲かせる。周辺の草むらからは虫の音も聞こえ、秋の気配を感じさせていた。
 管理する県都市公園・緑化協会によると、咲き始めの時期は平年並み。1週間後には見ごろを迎え、10月上旬まで楽しめるという。

出典:福島民友新聞

福島でもハギの花が咲いたようです。
秋の季節を告げる花ですね。

記事カテゴリー コラム|花で季節を感じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語