Apple新型iPhone発表!iPhone6とiPhone6Plus

09-10-20.07.18

ついに出ましたiPhone6!
Apple大好きな僕が、新型iPhoneの情報をまとめてみました。
iPhoneユーザーの皆様必見です。

4.7インチと5.5インチ。二つのサイズのモデルが同時発売!

Apple---iPhone-6

これまでのiPhone5とiPhone5Sが4インチ。
iPhone6が4.7インチでiPhone6Plusが5.5インチのディスプレイサイズ。

ディスプレイ解像度は「Retina HD」となり、iPhone 6は1,334 x 750 (326ppi)、iPhone 6 Plusは1920 x 1080 (401ppi)となりました。より高精細です。

サイズ、解像度と変更になっておりますが、今までのアプリはそのまま稼働するということです。

Apple---iPhone-6---ディスプレイ

iPhone6Plusは横向き表示のランドスケープビューに対応しています。

Apple---iPhone-6---ディスプレイ

iPadをお持ちの方はお馴染みの表示です。

デザイン一新。薄さはiPhone史上最薄、サイズは最大。

Apple---iPhone-6

デザインは丸みを帯びており、表面のガラス面も曲面。
ボリュームボタンも縦長に変更されています。

Apple---iPhone-6---デザイン2

でかすぎて片手で操作できないとご心配の皆様。ご安心ください!

Apple---iPhone-6---デザイン2

片手で操作できる簡易アクセス機能が搭載されております。ホームボタンに2回タッチすると画面全体が親指の方向に降りてきて片手で操作できます。

新しいプロセッサは初代iPhoneの50倍の処理能力。グラフィック性能は84倍!

2014-09-10-20.58.31

処理速度が速くなり、ビデオ撮影時の画像処理や連続フォーカスなども性能向上。よりサクサク動くことはもちろんのこと、ゲーム時などのパフォーマンスも向上しています。

2014-09-10-21.03.29

プロセッサの進化などにより、電池の持ちも改善!iPhone6Plusは大きくなっだだけあり、バッテリーも増量で駆動時間がかなり長くなっています。

カメラも進化!

2014-09-10-21.10.52

画素数は800万画素のままですが、テクニカルやメカニカルを一新してより高画質化。オートフォーカスの速さや顔認識、露出のコントロールがより進化しています。

正直なところデータが重くなってしまうので、800万画素もあれば十分です。

 

加速度、コンパス、ジャイロセンサーに加えて気圧計まで装備。

Apple---iPhone-6---テクノロジー

新しいM8コプロセッサーにより、今までのGPSロケーションに加え、気圧計により階段や登山などの上下運動も計測。

より正確なアクティビティを記録することで、ランニングや健康管理などのデータ収集に貢献します。

 

他にもApplePayなる決済サービスに対応(モバイルSuicaみたいなもの)したようなのですが、日本では今のところ未対応。
Suicaやnanacoなどと方式の違うNFCというものを使っているようなので、日本で対応するにはインフラの整備が必要みたいです。

個人的に一番の注目はやはりサイズ。
片手で操作できるように考慮されているのであれば、iPhone6Plusもかなり魅力があります。

Androidの端末がどんどん大型化し、タブレットとスマートフォンの中間の「ファブレット」なんて呼ばれはじめていますね。

街でそんな端末で電話している人を見かけると「デカッ!!」と思ってしまいますが、日本でiPhone3Gが販売された時、いち早く使い始めた僕は、電話をしていると人々の目線が気になったものです。

iPhone6Plusがあれば、日常生活でiPadは必要なくなりますよね。現にAndroidスマホの大型化に伴い、タブレットの売れ行きが落ちているというデータもあります。

時代はどっちに行くのか!?悩ましいところです。

9月19日発売で、9月12日から予約の受付もはじまるようです。
早く手に取りたいという気持ちもありますが、少し落ち着いた頃に考えようと思います。

 

記事カテゴリー コラム
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語