埼玉県さいたま市 「大宮花の丘農林公苑」、サルビア3万3千株が満開に

1411904191_photo

 さいたま西の「大宮花の丘農林公苑」(さいたま市西区大字西新井)のサルビア3万3000株が満開となり、一面に広がる赤い花畑を多くの来場者が楽しんでいる。

 広さ11.3ヘクタールの同苑には約6.5ヘクタールの花畑が広がり、チューリップやポピーなど、季節ごとにさまざまな花を楽しむことができる。

 サルビアは6月ごろに植え付けた。7月中旬~下旬に一度見頃を迎え、その後に一度刈り込むことで、この時期に再び見頃を迎えている。

 「昨年は猛暑と小雨から色付きがいまひとつだったが、今年は9月に入ってから雨が多かったため、とても鮮やかな赤色に咲いている」と担当者。見頃は10月上旬ごろまでで、暑さが続かなければ見頃はもう少し続くという。隣にはコスモスも咲き始めており「サルビアからコスモスと続く秋の花を楽しんでほしい」とも。

 開園時間は7時30分~19時(10月以降は8時~18時)。入園無料。

出典:大宮経済新聞

曼珠沙華と同じようにサルビアの赤も目に眩しい赤ですね。

でも、サルビアは不吉なイメージを持たれないのは、曼珠沙華の怪しげな花姿のせいでしょうか。

一年に二度見頃をむかえることができるなんで、ありがたいお花です。

比較的近くなので、機会があったら見に行きたいと思います。

 

記事カテゴリー コラム|花で季節を感じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語