だるまの目入れ、左から?右から?

先日、毎年ずっと通っている埼玉県川越市の喜多院に初詣に行ってきました。川越大師と呼ばれたりして親しまれているお寺なのですが、徳川家とゆかりがあり小江戸川越と合わせて、昨今注目の観光地になっています。喜多院の話についてはまた機会を改めて。

喜多院に初詣に行くと必ずだるま市でだるまを求めます。我が家にとってもう30年以上も続く大事な行事です。だるまは願掛けの縁起物ですので、ずっと商売をやっている我が家では商売繁盛と家内安全を祈願して、毎日神棚のだるまに手を合わせます。

30年も続いているのに、年始に必ず確認してしまうのがだるまの目はどちらから入れるのか?という疑問です。

DSC_1387

だるまとは?

インド人の仏教僧、菩提達磨(ぼだいだるま、達磨大師のこと)を模したといわれている置き物です。もともとは仏教の一派である禅宗のものでしたが、現在では仏教に関わらず、宗教や宗派を問わない縁起物としていろいろな場所で祀られています。願い事をしながら片方の目を入れ、願いがかなったらまた目を書き入れるという習慣があります。

お正月に買い求め、お正月にお返ししてお焚き上げをしてもらうという流れが一般的ですが、本来は願いがかなった際に目を入れてお焚き上げ供養をするということだったようです。お正月にだるま市があることと、初詣でもないとお寺に行かないという事情もあって今の形が一般的ですが、もし願いがかなっていなくても、健康で普通の生活を送れているということこそ、願いがかなっているということだと思って、毎年毎年代えるのかもしれません。一説ですが、だるま制作業者が今の形の習慣を作ったという話もありました。毎年代えてもらわないと商売になりませんもんねぇ。

だるまはどこに置くのが正しい?

神棚の向かって右に鎮座していただくことが正しいといわれていたようですが、今では自由にいろいろな場所に『飾る』という感覚で置かれているようです。

家族が集うリビングやダイニング、家具の上、テレビ台など。試験の合格祈願であれば机の上でもOK。できるだけ目につく場所に安置することで、願い事をたびたび思い出すというのがいいのかもしれません。東から南の方角にお顔が向くように置くといいみたいです。

だるまの大きさについて

手のひらサイズから、選挙事務所で見かけるような抱えきれないような大きなだるままで、いろいろな大きさがありますが、どんな違いがあるのでしょうか。大きさによって願いのかなう度合いが変わったら大変!!

もちろん、大きさによって何かが変わるということはなさそうです。我が家の風習で、『毎年毎年少しずつ大きくしてく』ということになっていましたが、調べてみるとその必要もないみたいです。

願いがかなった時に、さらに縁起をかついで大きなものにしたいという要望から、大きなサイズのだるまが用意されるようになったということで、大きさは置く場所に合わせて選んでいいみたいですね。

ちなみに、我が家のだるまは数年前に大きくなりすぎて一気にダウンサイジングしました。今年は昨年と同じ大きさのだるまを求めました。

だるまの買い方

『縁起物は値切るのが良い』
どこかで聞きかじり、ずっとそうしてきましたが、実は方法がちょっと違いました。

だるまは値段がわかりません。売り子さんに一つ一つ値段を聞きます。そのついでに
「縁起物だから少しまけてよぉ」
と申し出るのはOK。売り子さんもこころよく応じてくれます。

そこからが重要!値切ってまけていただた金額をお心づけとして、そのまま売り子さんにお返ししましょう。それが縁起物のだるまや熊手の買い方だそうです。

売り子さんとのやりとりで相手の方から安い値段を提示してくださることもあります。そんなときはありがたくちょうだいしてもいいかもしれません。

だるまの目はどちらから入れる?

実は正解はどちらでも良いということらしいです。だるまの目を入れるというのは、目玉を書き入れるということではなく、だるまに魂を入れる行為。願いを込めながら、だるまに魂を注入します。願いをしっかり込めれば、どちらの目でなければならないということはないのです。(一般論ですので地域やだるまの種類によってきまりがある場合があります。)

しかし、一般的には向かって右側、左の目から入れることが多いようです。「右に出る者はいない」など左側が上位ということで左目を入れるという説もありますが諸説あるようです。

だるまの目はいつ入れる?

ずっと六曜の日取りの良い日に目を入れるものと思い、今日が大安なので目を入れました。

DSC_1388

でも本当はこれはあまり気にする必要はないみたいです。願いを込めるそのときに目を入れるということでよさそうです。

しかし、縁起物ですので縁起をかつぐという意味で、大安などに目を入れるのもいいかもしれません。

記事カテゴリー コラム
このエントリーをはてなブックマークに追加

はな物語